読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童文学概論

ヤングアダルトジャンルを読み、感想を示します。個人の駄メモです

アルテミス・ファウル 北極の事件簿

ネタバレあります。まず最初に、こちらは1巻かと思って間違えて借りてしまった。読みながらなんか知らない言葉がどんどんでてくるなと思っていたらまさか2巻だったとは。表紙にナンバリングがあるのかないのか分かりづらく、最後の広告欄で1巻だと確認したは…

勇者の谷

バーティミアスシリーズでおなじみのジョナサン・ストラウドの2009年に日本で発売された作品。短いあとがきまで含めて587ページもある超大作。とにかく長い。物語に入り込むまでずいぶん時間がかかった分、読み終えるまでにかなりの時間を要した。結果的に面…

天空の少年ニコロ 2 呪われた月姫

2巻になって一気にスピードアップ。もはやドラゴンボールみたいになってる。ラストの龍の門なんかは頭の中でシェンロンが思い浮かんでたし。月姫がいることで逆に物語が狭まっているような気がする。物語に恋愛や愛がはいるとロクなことにならないから、今回…

盗まれたコカコーラ伝説

ヤングアダルトって言葉に相応しい一冊。いささか表現力は乏しい部分もあったけど、おやつ感覚で楽しめました。対象は中学生くらいかな。見た目では小学生向けだと思うでしょうが、意外と内容は難しとこもあるので、きちんと理解して読むとなると中学生から…

天空の少年ニコロ 消えた龍王の謎

お馴染みドイツのカイ・マイヤーさんの2010年頃に出した作品。相変わらず広い世界観。ダークさとファンタジー、歴史や文化を交えながら答えに向かって物語が展開されます舞台は中国。ファンタジーの舞台になるのはとても珍しいですよね。ムーラン的な感じで…

氷の心臓

ネタバレします。読みたくない人はお引き取りください。2008年に日本で出版されたドイツのカイ・マイヤーさんの本。一気に読み終えたので感想を残しときます。世をでない人のために簡単に説明するとジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」みたいな感じでした…

海賊ジョリーの冒険 三部作の感想文

海賊ジョリーの冒険 3部作ついに読み終えました。今の感想は、ほっと胸をなでおろしているところです。最初の1巻目を読み始めた時にはこんなに大きな話になるとは思わなかったし、こんなにハラハラドキドキされられるとも思っていませんでした。正直、最後は…