児童文学概論

ヤングアダルトジャンルを読み、感想を示します。個人の駄メモです。ネタバレあり要注意。

勇者の谷

f:id:iijanaika:20170212163111j:plain


バーティミアスシリーズでおなじみのジョナサン・ストラウドの2009年に日本で発売された作品。

短いあとがきまで含めて587ページもある超大作。とにかく長い。物語に入り込むまでずいぶん時間がかかった分、読み終えるまでにかなりの時間を要した。

結果的に面白かったが、その面白さに見合う時間なのかどうかはわからない。

とにかく主人公のハリが全然好きになれない。ただのイラつく田舎者のガキでまったく共感できない。これはこのページ数を読むうえで最大の難関だ。さらに後半に入るまでまったく面白くない。本当に何なんだこれって思うだろう。きっと最後まで読める人はかなりの変わり者か暇人だろう。

もともと恋愛が入った物語が嫌いなので、アウドが出てきてからは嫌な予感しかしなかった。醜いハリと美しいアウド…美女と野獣といった構図は1番見たくなかったが、まあ見ずには済んだので良かった。最後に少し暗示されてはいるが…。

最近の作品の中ではかなり異色の本だと思う。逆に言えばどストレートな王道の物語らしい物語なんて近年書かれていなかったんじゃないだろうか。だからあえて作者は書きたかったのかもしれない。

ラストのトローの正体が先祖のゾンビだったという部分は、ジョナサンらしいパンチの効いた大オチだったし、とても皮肉が込められている。

古い習慣や生活に対する信仰にも近い保守的な部分に対し、縛り付けられていることに気付けと、どこにも行ける自由があるのになぜ行動できないんだという想いが込められていたように思う。

イギリスだけでなく、日本にも当てはまるだろう。田舎で育ったものは、東京や大都市に出てくることはおろか、海外に出て暮らすなんて発想すらない。地方の田舎は、思っているよりずっと保守的で、諦めにも近いものがある。そこで生まれ育ったものに求められるのは何だろう。本当に生まれた瞬間から退屈な人生を受け入れるだけしかないのか。都会でも同じだ。これは田舎がダメで都会に行けと言っているわけではない。まだ見ぬ世界への憧れや興味を行動に起こすための答えである。

閉ざされた世界の中での幸せもある。それを心の底から求めている人もいる。
今回の勇者の谷に近いのはムーミン谷かもしれない。
ムーミン谷はそれでも幸せそうに描かれる。毎年訪れる季節を細やかに迎え入れ、日々を過ごす。その中にスナフキンがいた。スナフキンはいつも旅をして面白い話をムーミンに聞かせる。だけど勇者の谷は違う。谷の外へは出られない。出られないことになっているから。そんな中でも必ず外に出ようとするものが現れる。それは閉ざされているからこそ、反発するものが出てくるのか、必然なのかわからない。秩序があれば、それに逆らうものが生まれることが自然の摂理なのかもしれない。

ジョナサンは昔話に自身のエッセンスを取り入れた実験的な作品をかいた。それがこの勇者の谷だ。オールドスクールを今やってのけた感じだ。




天空の少年ニコロ 2 呪われた月姫

f:id:iijanaika:20170212163023j:plain


2巻になって一気にスピードアップ。もはやドラゴンボールみたいになってる。ラストの龍の門なんかは頭の中でシェンロンが思い浮かんでたし。

月姫がいることで逆に物語が狭まっているような気がする。物語に恋愛や愛がはいるとロクなことにならないから、今回も入れるべきではなかったと思う。ニコロと月姫のことばかりにフォーカスが当たるのでせっかくのワクワクする設定が薄れてしまっている。

あと不老不死である仙人が弱すぎる。すぐ死ぬし、読んでいてストレスが溜まる。あと1巻で終わるわけだが、とにかく望むことは月姫が早く死ぬこと。もしくは助けるなら月姫エーテル側からこちら側の味方になること。

また気になるのは、引き続きフェイキンの正体だろう。

本当にこのニコロシリーズも前回のジョリーシリーズもそうだか、なぜこんなに主人公の男子がクズなのか。カイ・マイヤーさんは思春期の男子に何か勘違いをしているし、トラウマでもあるのかと疑ってしまう。

主人公の男子の心が弱すぎて、読んでいてこちらも病んでしまう。ガンダム的な感じ。ここから最後に向かってその弱かった主人公が勇気をみて、弱さを乗り越えるところを見せることで読書にカタルシスを味合わそうとしてるならもうやめて欲しい。大半の読書はカタルシスを味わう前にとっくに離脱してしまっているだろうから。

盗まれたコカコーラ伝説

f:id:iijanaika:20170104191237j:plain


ヤングアダルトって言葉に相応しい一冊。いささか表現力は乏しい部分もあったけど、おやつ感覚で楽しめました。


対象は中学生くらいかな。見た目では小学生向けだと思うでしょうが、意外と内容は難しとこもあるので、きちんと理解して読むとなると中学生からかなと。

コカコーラのレシピを唯一知っているコカコーラ社の重役3人が相次いで誘拐され、コカコーラがこの世から消える危機に。そこで絶対味覚の持ち主である主人公の少年とその友達が活躍するというストーリー。なかなか子供っぽいけど面白そうですよね。

作者はニュージーランドの方。なので舞台はニュージーランドからスタート。その後、コカコーラの危機を救うために舞台はアメリカへと移ります。

基本、コカコーラにまつわる豆知識を柱に、肉付けする形でイメージを膨らませ構成が行われています。頭で考えられている分、展開が読めやすいのが少し残念。

ただ勇気だったり、友情、子供が本来なら関わることのない大人社会と密に関わりながら成長していく様はとても健康的であり、中学生くらいのときに読んでいればもう少し私も立派な大人になってたかもと顧みる作品でした。

頭脳戦ではなく戦いの場面が多いのも子供を飽きさせないための配慮でしょう。適切に散りばめられ、作者の頭の良さが常に漂います。

f:id:iijanaika:20170104191713j:plain


とりあえず、1番気になったのが、描かれる登場人物たちのイラストが全く内容にあってないこと。読んでいる限り、主人公の少年フィザーや親友ツパイの絵は絶対これじゃない。本当に酷い。これじゃ普通の大人は絶対に手に取らないでしょう。おっと本を手に取っても、おっとと棚にしまってしまうこと間違いなし。幼稚で、ニュージーランドの白人の子が日本人のイケメン顔になってるってあり得ないでしょう。百歩譲ってツパイは中国系ということでアジアっぽくてもいいけどこんなポケモンのたけしみたいなイメージでは読む限りありませんでした。

まあきっと出版社側が妙な気を利かせたのでしょうが、さすがに考えなしすぎますね。決してローカライズ作業を否定しているわけではありません。ただ、よくある失敗として、合わせすぎた結果別物になって本来の良い雰囲気が失われたということです。

この本は登場人物を子供からシャーロックホームズ的な大人の探偵に変えれば、そのまま大人向けの上質なミステリー小説にすることも編集次第で可能だと思います。ハリウッドで映画化すれば結構ヒットするはず。そのくらい面白い内容だっただけに、イラストという余計な味付けが足を引っ張る本当に悔やまれる一冊でした。

天空の少年ニコロ 消えた龍王の謎

f:id:iijanaika:20170104184841j:plain


お馴染みドイツのカイ・マイヤーさんの2010年頃に出した作品。


相変わらず広い世界観。ダークさとファンタジー、歴史や文化を交えながら答えに向かって物語が展開されます

舞台は中国。ファンタジーの舞台になるのはとても珍しいですよね。ムーラン的な感じで選んだんでしょうか。これまでカイ・マイヤー作品を読んできた身としては新鮮で、いや最初は少し拒絶反応さえ示しましたが、読み進めるうちに全然慣れましたね。舞台や背景こそ中国であるけど、結局そこから唯一無二の世界観ですべてを包んでしまっているから。

さながら同じドイツのミヒャエル・エンデさんのはてしない物語に出てくるファンタジーエン国のよう。存在しそうで存在し得ない風景や出来事が次々と起こります。

龍の吐く息がエーテルという名のラスボスだという突拍子のない明かされた事実。魔法やドラゴン?それはヨーロッパ的な考えなのでしょう。ここでは仙術や龍に取って代わります。
そして、作者が得意とする二つの物語が同時進行します。海賊ジョリーの冒険でも海底をいくムンクとジョリー編、地上で戦うエレニウム編が同時に進行し、その時間軸がどのように重なっているのかドキドキワクワクしながら考える楽しみがありました。今回も天空の街編と地上で冒険するニコロチームが交互に描かれ、もどかしくもどんどん真相に迫っていくカタルシスがあります。カイ・マイヤーさんは本当にテンポよく物語を展開させます。そこには翻訳する遠山明子さんの力添えも大きいことは明白です。
神々の台詞は哲学的で、ややもすれば理解できないため読むのをやめてしまう気もしますが、そこは理解できなくていいのです。登場人物たちも理解できず、混乱しながらも前に進むしかないから。読んでいる人も本の中の登場人物も同時に学びながら先に進むので、ダレることがありません。そうやって常に核となる秘密を明かしながらもまだまだ謎を残し、むしろ謎が増えていく様子は流石の一言。知れば知るほど謎が増えるって感覚は本当に好奇心を刺激するし、早く答えを知りたくてページをめくる手が止まりません。

中国が舞台ということで、恐ろしく強力な敵として満州族が出てきます。たしかに私自身、中国で出会った満州の人たちは身体も大きく強そうでしたが、心優しいイメージだったので、今回敵役になってることに驚きました。しかも、もののけ姫ばりのシャーマンやるろうに剣心ばりの蓮爪というアホほど強いボスキャラが出てきたり…恐ろしくも魅力的なキャラクターがしっかり物語を支えてます。

龍に呪いをかけられて自身に関する記憶を消され、龍の着ぐるみを脱げなくなったフェイキン。妙に博識な様子から間違いなく、物語の鍵を握っているとみていいでしょう。一体正体は何者なんでしょう。仙人?本物の龍?なんか前の海賊ジョリーの冒険のときのフナクイムシみたいですね。前はフナクイムシが繭になり翼竜となりましたが、今回もピンチの瞬間に真の姿となって皆を助けるのでしょうか。早く2巻を読みたいですね。

また天空の街を作り上げた霊気エーテルポンプの仕組みにも秘密が隠されてる気がします。仙人ですらその存在を知らなかったという天空の街。そんな神業を謎の技術をもってして実現させたレオナルドとは一体何者なのか。なぜそんなことが必要だったのか。龍との密な関係がきっと隠されているのでしょう。さながらノアの箱舟のようでもありますからね。

しかし、カイ・マイヤーさんはホント三角関係好きだなあ。前回もそうで、まんまとヒヤヒヤさせられました。今回もそう。もはやニコロは恋愛のためなら天空の民すらどうでもいいし、他のことなんて全て投げ打ってもいいとすら思っています。しかも、その流れの作り方が上手い。運命にも似た逃れられない呪いのような恋心。この先、どうなるか楽しみですね。

西洋のドラゴンと中国の龍って同じものを指すはずだけど、実はまったく違うような気がします。中国で龍は神であり、尊敬するもの。西洋のドラゴンは悪者で正義に退治されるものだったり…。魔法と仙術、仙人と魔法使い、モンスターと化け物、剣士とナイト…同じ言葉でも指ししめす先には西洋と東洋では存在や意味も変わってきます。そうしたことに気づいているからカイ・マイヤーさんは常に舞台を大きく変えながらもブレずにファンタジーが描けているんだと思います。
こちらも海賊ジョリーの冒険同様、全三部作となっています。作者は割と長編になればなるほどペンがのるタイプなので、恐らく次の2巻は爆発的に面白いはず!起承転結の起承が一巻で、次は転の番だから。

氷の心臓

f:id:iijanaika:20161127180624j:plain


ネタバレします。読みたくない人はお引き取りください。


2008年に日本で出版されたドイツのカイ・マイヤーさんの本。一気に読み終えたので感想を残しときます。

世をでない人のために簡単に説明するとジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」みたいな感じでした。全然違うけどざっくりあってるかなと。

氷の心臓を奪われた雪の女王が、奪った魔法使いを追ってモスクワにきて、2人は同じホテルに滞在する。そこで生まれてからずっとそこで働いている少女がどっちの言葉にも揺れながら物語が進んでいきます。

今までも内容盛り盛りな作風でしたが、こちらも例に漏れず盛り盛りでした。舞台はロシア。しかも冬の極寒ホテル。ワクワクする設定でしたが、なぜか生かし切れなかった感あり。

カイマイヤーさんの作風として、あまり人物をイキイキと魅力的に見せることより、風景や情景を細かく描き、外堀を埋めることに注力します。今回は主人公の女の子マウスが、どういう子で、きっとこういう場面ならこうするだろうと、もっと魅力的にじっくり積み上げていく必要がありました。マウスは男の子みたいで、何でか嫌われてて、盗みをするし、嘘もつくしで、普通に考えてあまり応援したくないというか、世界を救うのは君じゃない感があります。

というかどういう子なのか最後までわからなかった。

前回の海賊ジョリーの冒険がめちゃくちゃ面白かった分、残念でなりません。

雪の女王と魔法使いタムシンの戦闘シーンは見えないとこで起きて終わってて、その後突然かけつけたタムシンの兄弟が逃げる雪の女王と戦う場面も一切描かれなかったのはさすがに酷いというか逃げたと捉えられても仕方ないと思います。

ハングマンももったいない使い方でしたね。実は無政府主義者レジスタンスだったというオチは最初から決めてたはずなのに、イマイチ生かし切れなかった。あっさり何もどこにも影響を及ぼさずにタムシンに殺られるなら特に必要なかったと思いますね。せめてマウスと最後は向き合って、自らの口で全てを明かし、マウスを抱きしてから死ぬとかじゃないと、何のために不気味でイヤな嫌われ役をやらされてたのか分かりませんよね。

ククシュカ1人いれば、実はスパイなんですってどんでん返しは十分だったかな。

少ない登場人物ほぼ全員がどんでん返しをもっているってのがバランス的にあり得ないよな、つまり非現実的に写り、没入感を削がれた感じがします。

狭い閉ざされた世界から内側と外側を破り、マウスが自らの意思で新たな世界に飛び込む。それが全てでこの物語は描かれています。

閉ざされた世界がホテル・オーロラ。内面打ち破るシーンはタムシンのシルクハットから氷の心臓を取り出す際に打ち破った7つの門の魔法。

氷の女王に魔法使いのタムシン、無政府主義者と皇帝、マウスとエルレン…とにかく善と悪がはっきりしない、させない?物語でした。

惜しいなー。もったいない一冊でしたね。キャラが勝手に動くくらい、しっかりと人間味を描かれなかったのは今回カイマイヤーさんの力不足ですね。

前回のカリブや海、深海と違い、雪に覆われたモスクワを描写するには表現力にも限界があり、言葉にしても読者がどこまで違いを見出し、想像できたのか。疑問が残ります。

冒頭の雪の女王の城の描写とその後の雰囲気が違いすぎるので、冒頭を読んで期待して読み進めた身としてはスカされた感じです。

恐らく、作者的にも思い描いていた7割くらいの出来なのではないでしょうか。きっと上・下巻で分けていればちょうど良かったのかも。

ただ表現力は流石ですの一言。圧倒的な場面描写はカイマイヤーさんのファンなら読んで損はないです。この仄暗く、雨に濡れたような冷たさを醸せるのはカイマイヤーさんならではですから。


海賊ジョリーの冒険 三部作の感想文

f:id:iijanaika:20161112225603j:plain
海賊ジョリーの冒険 3部作
ついに読み終えました。

今の感想は、ほっと胸をなでおろしているところです。最初の1巻目を読み始めた時にはこんなに大きな話になるとは思わなかったし、こんなにハラハラドキドキされられるとも思っていませんでした。

正直、最後はもう海賊ジョリーの冒険ってタイトルに合ってないです。

海賊感があったのは最初の1巻目くらいで、その後のエレニウム辺りからはミズスマシの力と運命、世界を救えるかというビッグな話にずっとフォーカスされていたので、誰もジョリーのことを海賊として見てなかったし読者も忘れていたはずでしょう。

むしろタイトルで相当損している図書だと強く思いました。

なんでこんな子供っぽいタイトルになってしまったのか。30代である私なんかからすると、いい歳したおっさんが海賊ジョリーの冒険という本を手に取るのは多少勇気がいります。

ガンバの冒険とか、トムソーヤの冒険とか海賊、冒険って子供が好きそうな単純なワードに、ジョリーっていう女の子の名前って本当にターゲット間違えすぎてます。

いや、もしかしたらターゲットはもともと中学生向けになっていたのかも。それはそれで問題で、実際小、中学生が読むには難しい内容だと思います。せめて高校生以上からじゃないと想像力が追いつかないかもしれません。

こんなにも想像力豊かで、人との関係性や心理戦、戦術、謎解き、恐ろしくも心を惹きつける深海での光景…日本人には絶対に描けないようなセンスと発想で練りこまれた内容だからです。

ひょっこりひょうたん島的なかわいい感じじゃなく、映画パイレーツオブカリビアンのあのダークさをもった、ラムの酒臭い息遣いが常に漂う作品でした。

作者のカイ・マイヤーさんはパイレーツオブカリビアンを参考にしているか、もしくは映画からインスピレーションを受けているかもしれませんね。

展開全てが脳内で映像化しながら読めて、不思議と本を読み終えたのに、1本の大作映画を見終えたような感覚です。この作品は映画化したらとんでもない名作になるポテンシャルを秘めてます。

悪役として登場する人食い族の王である海賊タイロンがエレニウム津波が押し寄せて死んだと思っていたら、ウォーカーやソールダッドの前に現れて戦うシーンなんかはハリウッド的なベタ展開ですが、逆にあまり児童書では見なかった演出な気がします。

またグリフィンが最後にマールシュトロームの大渦のもとにエイに乗って行き、渦の消滅後に水面を歩くムンクを見つける場面なんかも視覚を意識した演出だったと思います。

最後にアイナはどうなったか気になりますね。またクライマックスでのマールシュトローム内部にいたマーレ・テレブロズム(暗黒の海)からの怪物が何だったのかなど謎も多いです。

大鯨のジャスコニウスに飲み込まれたクラバウターの主で、クラゲと同化した2人目のミズスマシの少年は結構あっけなく死にすぎな気がしますし、物語のキッカケとなったバロンたちへの毒蜘蛛の罠、そしてタイロン側への寝返りの理由などもう少し描かれても良かったかなと…

海底でアイナがジョリーをクラバウターの巣に閉じ込めた理由もイマイチ曖昧だし、クラバウターの母はあそこから出られたのか、犬の頭を持つブエナベントゥーレは何者なのか、木食い虫はエレニウムのもつ不思議な力があったからこそ蛇神になったのか、そもそも初めて会った時にウォーカーたちが木食い虫だとすぐ気づいたということはよくいる存在なのか、普通ならサナギの後どうなっていたのか、蛇神になっても実はまだ変態の途中とされていたけど完全体はどんな姿なのか…など色々気になります。

原初の父も結局死に損でしたしね。死ぬ意味まったくなかった…自分の作った世界が壊れるのを見たくないと言って死んだけど、エレニウムの神々を復活させる前にムンクとジョリーがミッションを成功させて世界の危機を退けてしまいましたからね。

あと30分待っていたら死ぬという選択を取らずに済んだのに…

ただ、世界を救う物語はたくさんあるだろうけど、決して大きな国同士が争う必要はなく、カリブ海という小さなフィールドでも想像力を巡らせればそのようなテーマが成立するんだととても感心させられました。

もちろん、エレニウムという魔法がつまったとんでもない場所にいくことで、これまでの実際の世界とは違う、一気に大きな物語が展開でき、信憑性も違和感なく持たせ続けれたんだと思いますが。

ミズスマシという水面を歩けるという特殊能力で、最初はこれがどんなことに適用でき、どんな形で海賊として物語が進むんだろうとワクワクしていたら、実際水面を歩けることで活躍する場面はあまりなく、なんなら後半は水中で息ができて目も効くというどんでん返しの能力がメインでした。

けどミズスマシってワードは最高に素敵な和訳だったと思います。本場のドイツではなんて言葉だったんでしょうね。

ミズスマシってのはもちろん水中にいる虫の名前です。つまり最初からジョリーやムンクが水中に適応できることが暗示されていたということです。だって、ただ水面を歩くだけならアメンボと呼んだ方がふさわしいですからね。

ちなみにドイツではベストセラーになったそうで、なのに日本ではなんでこんなにも売れてないのか不思議です。

きっとタイトルのせいでしょうね。もったいない。

ミズスマシが操れる貝の魔法はキーワードながら最後までよくわからずじまいでしたが、ムンクとジョリーの関係性はずっとハラハラさせられ、作者の掌の上で転がされましたね。

グリフィンは嫌いでしたね〜チャラついたウザいこいつさえいなければ、もっと事がスムーズに進むし、ジョリーとムンクがミッションに集中できるのにと…。

まんまと作者の思う壺でしょうが、早く死なないかなと思っていました。ただ、最後の方には男気溢れるキャラに成長したのでジョリーとの仲も認めざるを得ませんでしたが。

あと、この本にはドラえもんのび太の海底鬼岩城の要素もあったと思います。海底でのクラバウターとの緊迫した雰囲気なんか近いような。

本当に心が出来上がってないとトラウマになるくらいのダークな世界観です。

人間が持つ水への恐怖心。これは原始時代より体温を奪われて死なないようにという人類の本能からきていているものでもあります。

さらに足のつかない、底の見えない海の底への恐怖心。冷たい海に大きな未知の生物が潜んでいて、引きづり込まれるんじゃないかという想像を巧みに利用し、全体的にずっと妙なリアリティがありました。

夜の海に好んで入る人を知っていますか?誰も禁止されたわけじゃなくても夜の海に入ってはいけない、危険だと本能的に知っています。

ジョリーとムンクは最後、その夜の海の底をずっと進むことになります。その恐怖心は計り知れないでしょう。

ストーリーや登場人物は嘘だとわかっているんだけど、そこに描かれている恐怖心は本物と全く同じ。

だからずっとドキドキして海底にいるように冷たく息苦しいんです。

夜、寝る前に読んでいると、暗さからの恐怖と冬の寒さで、本当に体が冷たくなるので日中に温かい部屋で読むことをオススメします。

ただ、もしホラー映画を部屋をあえて暗くして見たいというタイプの人なら、雨の日の夜に読むとより臨場感が味わえ、この本の魅力を最大限楽しみことができるでしょう。

これまで児童文学が好きで、20年以上色んな本を読んできましたが、これは本当に自信を持ってオススメしたい一冊です。

作者カイ・マイヤーさんのダークさと想像力がここまでハマった作品は他にはないと思います。ドキドキワクワク…そんなベタなフレーズが本当にぴったりな作品です。三部作なのでたっぷり楽しめ、尻つぼみせず面白さは加速します。面白さは約束します。

騙されたと思って是非大人の方、読んでもらいたいです。