児童文学概論

ヤングアダルトジャンルを読み、感想を示します。個人の駄メモです

七つの封印 2 悪魔のコウノトリ

f:id:iijanaika:20170815130626j:plain


個人的に大好きなカイ・マイヤーさんの児童向けの作品。ただし、相変わらずダーク。日本の児童向けのファンタジー小説とはレベルが違う。日本の児童向けの作品は、怖いと言ってもドラえもん映画程度で、大人からすると全く怖くない。むしろイラつかされるのが普通だ。だって子供向けだから。

だが、この七つの封印は全く違う。それはあのカイ・マイヤーが描いているからに他ならない。子供はむしろ読まないほうが良いだろう。なぜなら非常に怖いから。今回このダークファンタジーに登場するのは、地獄から召喚された悪魔のコウノトリ。面白いのが、主人公の住む屋敷の中から一歩も外に出ないで物語が全て展開して終わる。悪魔のコウノトリからずっと屋敷内を逃げ、その原因を考えて破壊する。それだけの内容なのに、コウノトリが強いうえに不気味すぎる。対峙すればくちばしで一突きにされて殺されること間違いないという状況のなかで、ひたすら逃げるしかないというホラー映画さながらの展開。

まさに悪夢のよう。相当テンポが良いので1時間半くらいでサクッと読める。

ちなみに感想を書いてなかったが、もちろん、七つの封印一巻の大魔術師の帰還もすでに読んでいる。

その時から、敵が子供相手だろうと容赦なく殺しにかかってくることに驚き、度肝を抜かれた。大体その辺の捕まったらどうされるのかという部分は曖昧にするのがセオリーだ。鬼ごっこみたいに、捕まるのはなんか怖いけど、捕まったからといって何もないみたいな。そこが、このカイ・マイヤーさんの七つの封印は違う。捕まったら殺される。それが明確に表現されて描かれるからこちらとしてもヒヤヒヤする。

大人が読んでも、背筋がヒヤッとする良作だ。

ロックウッド除霊探偵局に通じる面白さがある。感想をブログとして書いていないが、このロックウッド除霊探偵局は最高に面白い。読んできた児童文学のなかで1番面白いと言ってもいいくらい個人的に気に入っている。

今のところその感想を書く予定はないが、気になる方は読んでほしい。絶対に後悔させないことを約束する。

嵐の王 2 第三の願い

f:id:iijanaika:20170815130012j:plain


ドイツのファンタジー作家カイ・マイヤーの三部作のニ冊目。

タイトル通り、魔人イフリートが持つ三つの願いを叶える力。そのナゼか失ってしまった三つ目の願いを叶える力がカギとなって描かれる。

振り返ってみると相変わらず面白かった。強烈な性描写や残酷な殺人シーンは容認することはできないが、ストーリーはそれを凌駕してしまうくらい面白い。

不思議とずっと映像として頭の中に物語が浮かびながら展開する。本の中の文字と映像が、常にリンクしながら進む気持ち良さがある。それだけしっかり場面を描き、キャラクターを作り上げているから理解しやすく、同時進行可能なんだと思う。

まさにハムナプトラとアラビアンナイトが融合した作品だ。日本人にとってはどちらも慣れ親しんでいるので、この嵐の王シリーズは受け入れやすいはず。

相変わらず、魔人と嵐の王軍団が戦うシーンはハラハラさせられる。フィクションだと分かってはいるが、心のどこかで魔人に対する深い恐れを抱いているからだ。しかもこの魔人は残忍な上にかなり賢い。敵にまわすにはこれ以上最悪なやつはいないだろう。

途中のジュニアとマリヤムの性行為シーンは本当に気持ち悪かった。不快。まったくウンザリだ。かつての兄の恋人と寝ることで、物語に深い何かが生まれるのはわかる。だからこそ、そんな味の素に頼らずに、性を絡めずに、文章とアイデアで面白くしてほしい。漫画ワンピースやドラゴンボールみたいに、どんな魅力的でセクシーなキャラが登場しようと性行為を直接描くことはない。

こんな意見を言っていることは理解されないかもしれないが、本質がブレるのがもったいないし、これにより子供が読めなくなるのが惜しい。

本当に誰にもオススメしたい、日本人には絶対に描けない最高に面白い本だからあえて言わせてもらっている。

全体的にラストに向かって無理やりな感じもあるけど、走り始めた。あとはラストダンジョン、幻の都スカラバプールに行き、そこで真実を知り、魔人とバグダットで最終対決か。

三巻を読んだ後、また統括して感想を示したいと思う。

嵐の王 1 魔人の地

f:id:iijanaika:20170815003729j:plain


ドイツのファンタジー作家カイ・マイヤーの三部作の一冊目。

毎回翻訳のレベルがとんでもなく高く、こちらもかなり引き込まれる内容だった。

中身の感想を言うと、まず面白かった。世界観としては進撃の巨人に似ている。魔法の暴走によって生まれた魔人によって人類は駆逐されそうになり、街の周りに壁を築きその中で生きていた。街の外の砂漠には魔人がいて、誰も生きては帰れない。そのまんま進撃の巨人だ。

そこに舞台やトピック的に映画ハムナプトラを足したのが、この魔人の地と想像してくれて大丈夫。

どうしても言いたいのは、46〜50ページという始まってすぐに、主人公の男ターリクと謎の美女サバテアの情事シーンが官能小説かと見紛うほど叙情的に生々しく描かれる。なぜか図書館で普通の本棚ではなく、書庫に入れられていたわけがわかった。

まったくこんなエロいシーンは必要ない。前作の天空のニコロでもそうだったが作者のカイ・マイヤーは隙あらば関係を持たせて、そこでの繋がりを引っ張り続ける。本当に不快だ。本当にいらない。こんなシーンが何のギミックになるのだろうか。大人の浅はかなシーン強調のアイテムのために、せっかく面白い作品が18禁になってしまっては、もったいなさすぎる。書庫にしまわれて、誰の目にもつかない。アメリカのように、いっそのことカットするなり、想起しない別の表現に変える工夫が必要だと思う。

大人向けの本ではなく、児童文学の中で突然そんなシーンが出てくるのだから、いい歳の大人が読んでいても不快だった。なおさら、若い子が読んだら悶々としてしまうだろう。

ちなみにタイトルに嵐の王とあるが、最後にちらっと出てくるだけで、次回からの本格登場になる。なぜ一冊目でこのタイトルにしたのか不思議だ。アマリリスの眼とか、天井都市とかの方が良かったのでは。

表紙に描かれた男性はどうみても映画ハムナプトラのリック・オコーネルだ。内面のキャラにしろかなり似ている。

内容はかなりダークというか、ずっと緊張の糸が途切れることがない。次に何が起こるのか、物語のスピードについていくのに必死になる。ただ、展開的にいつものカイ・マイヤーっぽい部分があるので、どのように落とすのか見ものだ。またこのパターンか、と言うしかないのか、新しい進化を遂げたと言えるのか。まずは2巻目を読んでまた判断したい。

とりあえず、もしこの作品が気になったなら進撃の巨人が好き、ハムナプトラやアラビアンナイトのような世界観が好きな人には強くオススメできる。ただ最初に男女の交わりのシーンがあるので、そこはあらかじめご了承願いたい。

仮面の街

f:id:iijanaika:20170815003358j:plain


なぜか千と千尋の神隠しを彷彿とさせる作品。

魔女のグラバは湯婆婆そっくりだし、ロウニーは千のようだ。仮面というものを物語のフックにしながらテンポ良く物語は進み、表現は難解で読み辛いけどサクサクと読み進んでしまう。

なかなか良作だと思う。本作の題材である仮面というと映画「マスク」を思い出す。人は皆、社会の中で見えない仮面をかぶり、TPOに合わせて自分を演じているという台詞が脳をよぎる。

ゴブリンの劇団に、街のどこかに生きているが見つけることのできない行方不明のロウニーの兄であるロウワンの探索、街に迫り来る洪水、先輩だがグラバを裏切るヴァスの想いなど、同時進行で様々なポイントが行き交う。

てんこ盛りだが、キレイに一本の線上に紡がれている。アメリカで教師をしていた作者ウィリアム・アレグザンダー初の長編デビュー作にしていきなり全米図書賞を獲得したのも頷ける。

初めてにしては出来過ぎなくらいストーリーが良く、特に世界観は抜群に素晴らしい。申し訳ないが、作者がアメリカ人だとは信じられない。まだこうした真面目なクラシックだが面白い作品をかける大人がアメリカにいたなんて、その事実だけでも実に信じ難く愉快だ。

作中のゴブリンは一体どんな存在なのか、どうしてゴブリンになったのか、不老不死なのか、色々気になる。

スピンオフとして「影なき者の歌」という作品もあるようなのでぜひ読んでみたいと思う。

足音がやってくる

f:id:iijanaika:20170617164841j:plain


ニュージーランド出身の作者マーガレット・マーヒーの1982年に発売された初長編にして、イギリスのカーネギー賞を受賞した作品。

かなり昔の作品ということになるが、さすがといったところ。

隙がなく、子供がメインの作品だが、イライラさせられることもなく、大人でもなかなか楽しめた。

バーニーという少年が不気味でイカれた魔法使いの叔父に目をつけられ、どんどん彼のそば、自宅に近づいてくるストーカー的恐怖心を煽る演出がされている。

一応ミステリー作品であり、最後には色んな家族の謎が判明するシーンはベタな部分もありながらも目を丸くする事実もあり、非常に楽しかった。

昔の家庭、家族というのは、今とは違い、非常に固苦しく、規律の中で存在していたのかなと改めて思わさせられた。

勝手気ままな自由なタイプの人間は嫌われ、みんな心のどこかで羨ましく思いながらものけ者にされたのだろうか。

魔力を封印した結果、自分からなにも魅力や取り柄さえなくなったひいおばあさんのように、個性や生き方についてみんな誰の目を気にすることなく、咎められる必要なく、自由であるべきだと伝えているように感じた。

コール叔父の最後の牙の抜け方は腑抜けたというより、幼返りして可愛いという印象を受けた。現実ではあり得ないが、これも愛嬌だろう。

マディガンのファンタジア 下 未来への綱わたり

f:id:iijanaika:20170617164412j:plain


作者マーガレット・マーヒーの本国であるニュージーランドではテレビドラマ化もされたという当作品。

まず読み終えた感想としては、なかなか面白かった。

オズの魔法使いに少し似た作品でもあった。ただ主人公の女の子であるガーランドの言動が理解不能で、ずっとイライラを紛らせながら読む羽目になるだろう。

母親マディとの関係から新リーダーのイーヴスとの関係、タイモンやリリス、ブーマー…なんでこんなに仲良くやれないか、思いやりがないのかと呆れてイライラさせられること間違いないはずだ。

ただ、それは物語にハマっている、期待している証拠でもある。ドラマや映画が映るテレビに向かって文句を言っているに等しい。キャラクターに魅力があることは認めざるをえない。日本でアニメやゲーム化してもいい作品になったかもしれない。

物語は面白いし、最後はテレビドラマ向きな感じに悪者がいい奴になって、悲しいけど前向きなハッピーエンドで終わる。

ハラハラもさせられる、冒険ものとしては設定も珍しく、良作と言えるのでないか。



アンランダン 下 ディーバとさかさま銃の大逆襲

f:id:iijanaika:20170617163826j:plain


不思議な裏ロンドンでの少女の活躍を描いた作品の下巻。

まずは率直になかなか面白かった。とても面白かったわけではなく、なかなか面白かった。

外人特有のユーモアというかスカした感じが気持ち悪い部分もあったが、想像力の面で言うとかなり素晴らしいとも言える。

ルイスキャロルのアリスのオマージュと言えばそれまでだが、それでもしっかりこの分量をまとめるのには力が必要だ。

裏ロンドンの7つの秘宝を1つずつRPGのように集めていくというシーンで、中をすべて飛ばしていきなり7つ目のさかさま銃を取りに行くという流れは気持ち悪くて本当に寒気がした。

正直、いつの間にかザナに変わって主人公となったディーバの発言は、あまり考えられたものでなく、作者のチャイナ・ミエヴィルさんの思考にそった感じで、キャラクターとして生き生きしていたかというとそうではない。常に伏線を張り、回収するという作業に終始して、キャラクターを深く描けず、物語としての余裕がなかったのが残念だ。

その分、見た目にも強烈で分かりやすいキャラ付けに頼ったのかなという印象。

アリスとナルニア国と映画ドラえもんシリーズを足して割ったような作品。

作者のチャイナ・ミエヴィルにはイカれた才能はないが、頭が良く、プロデューサーとしては適した方な気がする。

歴史に残る作品でもないし、語られる作品でもない。ただ、久々に想像力を刺激してみたい方で、時間と忍耐がある人には読んでみてほしい。