児童文学概論

ヤングアダルトジャンルを読み、感想を示します。個人の駄メモです。ネタバレあり要注意。

魔法があるなら

f:id:iijanaika:20180502125051j:plain


デパートに住んでみたい。小さい頃にそんな想像をしてみたことがあると思う。

しかも、閉店後まで店内に隠れて、誰にも気付かれずにそのまま自分だけが店内に残るなんて想像しただけでとってもワクワクすることだ。

しかし、よく考えると、セコムのような警備システムがあるから警報機が鳴ったり、警備員が巡回していてすぐ捕まるし、何かを盗むという目的がなければ長時間滞在しても意外とメリットがないとすぐにわかる。

だからこそ、この本がそんな夢のような話をかなえてくれる。

舞台はイギリス。老舗の高級デパートであるハロッズの重厚感に、セルフリッジの多様性を足したようなスコットレーズデパート。ありそうな名前だが、実際には存在しない架空のデパートだ。

そこに親子3人がこっそり住み着いて、色々と物語が展開される。

物を盗みたいわけではなく、貧しくて行き場がないため、止むを得ず住むわけだ。しっかりした長女は見つかるとまずいから反対し、能天気な母親にイライラしながらも幼い妹と親子3人で離れずにいられるように何とかがまんする。

なぜかクリスマス的な雰囲気が漂うとても暖かい物語で、映画ホームアローン見ているような気持ちになる。

きっとそれは、長女リビーの語りで物語が回顧録的に進むからだ。子ども目線で物事を見て考えるのだが、全然大人の思考と変わらない。むしろ、このとき母親はどういう気持ちだったのかなと、アナザーサイドストーリーが気になるし、ぜひ母親目線でももう一度描いてほしい。

ちなみにこの「魔法があるなら」は実際にテレビ映画となってイギリスのBBCでクリスマスイブに放送されたそうだ。

映像版もとても面白そうだと思う。きっと誰が見てもワクワクする暖かい物語なんだろう。

この本は珍しく、食への描写が多い。割と児童文学だと、食べ物食べるシーンが少なく、こいつらパンとチーズを昨日の夜かじって以来ずっと食事シーンがないけどよく体力持つな、なんてこっちが心配になるくらい忘れられがちだ。

特に美味しそうに食べ物を見せるというアプローチは海外の本だとほとんど見られない。ストーリーが優先で、食事はあくまで生きるために最低限の取るだけのものという位置付けである場合が多い。

この感覚の差は我々日本人と海外の人の差かもしれない。だって日本人は食べるのが本当に好きだから。この本では、色んな料理、食べ物が出てくるがどれもとても魅力的で美味しそうに描かれる。

デパートの中で手に入る食事。それは食品売り場で売られている、いや残っている期限切れのもの。フィッシュパイやバニラヨーグルト、ピザなどありきたりなものだけど、ある意味無人島で食べているような感覚なので、想像するだけでお腹が空く。あったかくて量があるだけでこの状況なら幸せだろう。

ありとあらゆるデパートで暮らすための可能性を講じながら、1週間以上主人公たちは暮らすため、この本を読めば自分もデパートで暮らすことができるんじゃないかと思える位よくできている。さながらデパートに住むためのマニュアル本とも言える。

アマゾンの奥地やジャングルに行かなくても、ピラミッドの奥に隠し通路を見つけなくても、近くでこんな心踊るような冒険がある。おもちゃを独り占めにして、好きなテントで寝て、お店のアイスを好き勝手食べて、常に最高品質の物に囲まれて。だけどそれでも本当の幸せにはなれない。

狭くて、物がなくても、安心して好きな時にいつでも、好きなだけいてもいい家があること。そして家族がいること。

お客として特別な気持ちで特別な場所、スコットレーズデパートにいけること。それは自分たちも一緒であり、大切なことだと思う。

見習い物語 上

f:id:iijanaika:20180502124520j:plain


イギリスの作家レオン・ガーフィールドさんの短編集。1982年に書かれたものだが、作品自体18世紀のイギリスを舞台に描かれているので、さらに古い感じがする。

むしろ本当に18世紀に書かれた本を読んでいるような錯覚に陥るほど、当時の生活ぶりや街並み、風習が生き生きとに描かれている。

短編集なのに、短編同士が繋がっており、人物や街並みが他の章でも出てくるなど工夫というか遊び心もある。

読んでいて思ったのは、当時のロンドンは地獄のようだなということ。

文化が発展し始めたばかりで人々は欲に満ちており、街は汚くて暗く、貧富の差が生まれ、生活するのがやっとだ。今の世界とは全く違う、荒廃した世界。

生きるのがやっとで、仕事の種類もなく、産まれたときの身分から上がることができない。

この本では、そんな見習いたちが主人公だ。当時は7年間見習いとして耐えて働いてやっと一人前になるという習慣があったそうだ。その間はただひたすらに耐えて、生き抜くということだ。

今で言うところのブラック企業だろうか。

日本でも3年間は勤めてようやく一人前みたいに言われることもあるので、年数で技量を測る点は一緒だ。

多少日本の職人の世界にもまだそういう部分があるとは思うが、労働環境や法律の遵守に特に注目が集まっている現代ではなかなか厳しいところだろう。

ただ、やはり職人の世界では親方の下について弟子として働きながら腕や技を磨くというのはとても大事なことで、1日8時間勤務で後はプライベートの時間を大切にする、なんて甘いことは言ってられない。

それだけ見習いになるというのはプライベートを捨てて、どんな辛いことにも耐えるという覚悟が必要なことだし、当時なら尚更辞めてしまったら他に食べて行くこともできないので、歯を食いしばってでも耐え抜くしかなかったはずだ。

そんな見習いの気持ちを逆手に取って、辞めないし逆らわないというのを良いことに無茶苦茶する親方もいたのだろう。

本当に一か八かの世界だ。やはり、そんな世界でも、そこを天国にするか地獄にするかはそこにいる人次第だ。

きっと今の時代にも当てはまることだろう。

とても読みやすく、古臭さもない良作だと思う。特に、当時の暮らしを知れてとても勉強になるので一度読んでみると良いだろう。

スピニー通りの秘密の絵

f:id:iijanaika:20180502124038j:plain


アメリカの女性作家ローラ・マークス・フィッツジェラルドさんの作品。「卵の下を探せ」という祖父の死に際の言葉から始まる物語。

とても読みやすく、どんどん明かされて行く謎と近く真実。冒険をするようにとてもワクワクして読めた。

ダビンチコードに近い感覚の本。だけど常に愛嬌とユーモアが漂い、軽く本を読みたいという人には強くオススメできると思う。

登場早々にいきなり交通事故で息を引き取るところから始まるおじいちゃんジャックの過去に関する物語だ。

全ての謎はそこからすべて始まり、含まれている。

宝の地図というテーマのは児童文学において、永遠のアイコンだと改めて思った。そして、私は未だにそのトキメキと興奮の虜になっているんだと気づく。

最後のオチである暖炉の下でお金と共におじいちゃんの手紙を見つける場面は、ずっとそこを探していたはずなので今更気づくかという多少現実味に欠けるが、そうこなくっちゃというカタルシスでもある。

自由に勝ることはない。お金や名誉、誰にどう思われようが、自由を謳歌し、味わい尽くして死ねれば、後悔ないというメッセージにはとても共感できる。

ニワトリというひたすら地面をつつく鳥の習性も、ひとつの人生のメッセージになっていて面白かった。

また母親のキャラクターがとても良い。あり得ないようだけどこんな人実際にいるよなという頭のネジが少しズレているけど、イカれているわけでなく、強烈な目的に向かってただひたすらに集中しすぎて社会性を失った人。

母親としては失格だが、その分その子供はしっかりする。うまくバランスが取れるようになっている。

友達のボーディもいいキャラクターだ。初めての友達が、セレブみたいな設定はやはりワクワクするし、実は孤独を抱えた似た者同士だったりする。

友情もとてもスッキリとアメリカらしく描かれている。日本を舞台に日本人が描いていたら、2人がやたらケンカしたり、妬み嫉み、男の子が登場して関係を拗らせようとしただろう。

日本人は良くも悪くもやたら、そういうふうに内面を深く書きたがる。

そういうのを求めている人もいるだろうが個人的には好きでない。重くなるとストーリーがブレるし、読んでいて嫌な気持ちになるだけなので、こっちは求めていない。そういう点において、この本は満点だ。



顔をなくした少年

f:id:iijanaika:20180321190116j:plain


「穴」で知られるアメリカのルイス・サッカーさんの作品。

正直、胸をえぐられるような、嫌な記憶が蘇るような作品である。

子供から大人に成長する過程で、誰もが通るジレンマというか、もがきがとてもリアルに描かれている。

日本人でも共感できる人は多いのではないだろうか。アメリカか舞台の作品なのに、どこの国でも結局同じなんだなと思った。

小学校の時にずっと一緒に登校して、学校が終われば一緒に帰り、どっちかの家で遊んで…みたいに仲の良かった親友が、中学に上がると急に目立つタイプのちょっと悪いやつらと話すようになり、そいつらのグループに入る信頼を得るために、ダサい昔の友達を避けたり、いじめたりする。

そんな経験、みんなあるはずだし、自分はなくても見てきたはずだ。

アメリカ的にいえば、ダサいオタクかクールなやつかのふたつだ。

主人公はダサいやつってことではないが、クールではないタイプ。

ティーンネージャーのドラマを見ているような1冊だ。

だから、とてもイライラする。不甲斐ない昔の自分を見ているような気持ちになり、ガツンと嫌なことは嫌だってハッキリ言ってやれ!と叫びたくなるだろう。

まるで映画のバックトゥーザフューチャーで、いじめっ子たちに逆らえない主人公を見ているのと同じ不快な気分だ。

当然、その不快な気持ちは最後にスカッとさせるための長い長いフリである。

この作品でも最後はスッキリさせてくれるのだが、男女の恋も絡んでいるので、とても羨ましいラストになっている。

ある意味これこそがファンタジーとも言える、男性ならきっと羨むエンディングがイライラの最後に待っている。

途中まで、これは何を読まされているのだろうと思うはずだ。

タイトルにある「顔をなくした」という意味は、平たく言えば、面目をなくしたということである。

周りに合わせたり、トラブルを避けたり、自分に言い訳ばかりしていたら、顔をなくす、つまり自分がいなくなるのと同じなんだと気づく。

今生きている人でも、思い当たる人は多いのではないだろうか。そんな人は一度この本を読んでみてもいいかもしれない。

ずっと自分を持って、強靭に生きてきたという人は読まなくていいが、そんな人はきっと少ないだろう。

骨董通りの幽霊省

f:id:iijanaika:20180321185605j:plain


イギリスの作家アレックス・シアラーさんの作品。ここまで幽霊にぴったり焦点を当てて書かれた作品は、同じくイギリスの作家ジョナサン・ストラウド氏の「ロックウッド除霊探偵局」以来だ。

イギリスでは日本のように幽霊が身近な存在であり、テーマモチーフになるのだろう。

やや大人が読むには捻りがないというか、品行方正すぎるというか、よく言えば分かりやすくてスッキリ読みやすかった。

幽霊省というアイデアですでにある程度の面白さは担保されており、あとはあっと驚くどんでん返しを用意さえすれば良いというのは素人目にも分かるものだ。

まさにその通りの流れなのだが、オチである、幽霊省で働く職員全員がすでに死んでいて幽霊だったという肝の部分は、もう少しうまく隠して欲しかったとも思う。

早い段階であれ、コレはそうなのかなと匂わせていたので、オチが想像できてしまった。ただ、特定の1人が幽霊なのかなと思っていたので、まさか全員とは思っていなかった。ある意味、ちゃんと裏切られたのだが、もう一つ残念なのが、幽霊を探すアルバイトとして雇われた男の子ティムと女の子トラパンスについて。

ほぼこの子たちが主役なのに、あまりキャラクターが深堀されず、魅力があまりにも表面的だったことが悔やまれる。

また、もう少し幽霊探しにおいて、可能性を示唆して欲しかった。ずっと幽霊は見つからない、いないという前提で展開されすぎて、期限のカウントダウンがされていのにハラハラしないのだ。

幽霊はいるし、目の前に現れるけど、どうやって捕まえたらいいか分からないという前提にした方が、展開がよりダイナミックになったはずだ。

その点では、ロックウッド除霊探偵局には巧さは及ばないが、幽霊と一緒に仲良く住み続けるという苦し紛れとも思える最後のエピローグは嫌いじゃないし、これがないとオチ頼み過ぎて余計に安っぽくなっていたかもしれない。

そういう意味で、全体的には悪くなく、読んで損したとは思わない良作だと思う。

魔女と暮らせば

f:id:iijanaika:20180321185120j:plain


とても面白かった。今まで読んだダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの作品の中で1番面白く感じたかもしれない。

なぜか随所から「ハウルの動く城」の感じが醸されていたが、それもまた悪くない。

姉のグウェンドリンと弟のキャットの姉弟が両親が亡くなったことから親戚の大魔法使いに引き取られ、かなり良いテンポで物語が展開する。

ネタバレになるが、まさか姉のグウェンドリンがあんなにも悪いやつだったとは意外だった。いや、悪いというか身勝手で自己中心的というべきか。さすがに自分のためであり、そそのかされたとはいえ弟を殺してしまうことに賛成するというのはあり得ないのではないだろうか。

また魔力を弟からこっそり貰っていたなら、弟が死ねば魔法が使えなくなっただろうし。

大魔法使いに引き取られるまでの前半、大魔法使いの城に行ってからの反抗、姉が別次元の世界のもう1人の別の自分と入れ替わってからの中盤、大魔法使いの秘密に関して敵とごちゃつく後半。ずっと飽きず、ハラハラされられた。

この作品は1978年にガーディアン賞を受賞しているが、2018年に読んでいても全く魅力が色あせていない。こういう作品に巡り会えるのも出会いであり、読書の楽しみだなと改めて感じさせられた。

七つの封印 4 黒い月の魔女

f:id:iijanaika:20180105144923j:plain


カイ・マイヤーさんによる七つの封印シリーズ第4弾。相変わらずの読みやすさだか、絶体絶命からのドンデン返しにはそろそろ飽きてきた。

やはり魔女や魔物と戦うのに、ただの特殊能力のない子どもでは知恵にも限界がある。敵は子どもだろうと殺そうと本気で向かってきているのに、逃げ回るだけでは面白みにもかける。

漫画ワンピースのごとく、敵が近づいて腕の印が反応した際くらいは、敵を倒す能力が発動してもいい気がする。そのほうが、ずっとワクワクするだろう。

もちろん、名探偵コナンのごとく、力はなくとも知恵で解決してもいいが、毎回思いついたプランが失敗することなく上手くいくだけでは芸がなさすぎる。

舞台であるドイツでは月のクレーターの模様がウサギではなく、薪を背負った男に見えるとされているそうで、その薪男と主人公たちは今回戦うことになる。

イデアや発想、展開は見事だ。このシリーズは児童向けのため、文字数がかなり少ない。相当テンポよく飛ばしていかないと書きたいことが良いバランスで尺に収まり切らなくなる。

毎回、物語の導入には驚かされる。自然な流れで無理なく読者に設定を受け入れさせる。そのままノンストップでラストまで駆け抜けるのであっという間に読み終わる。

ただ、先ほども言った通り、そのパターンに頼りすぎだ。軽さをどこまで払拭し、深められるのか。今後に期待だ。